蜂に刺されて死亡事故

ハチに刺されて死亡している人数は年間20人前後です。

高齢者の男性が多い傾向にあり、

被害現場は山の中で速やかな治療が受けられず亡くなるケースが多いです。

スズメバチの種類は、キイロスズメバチかオオスズメバチで刺されると、

アナフィラキシーショックにより呼吸困難になり

刺された部分が腫れるなど15分ほどで症状が出ます。

刺されてから、症状が出るまでの時間が早ければ早いほど、危険な状態です!!

蜂の毒アレルギーの主な症状は、

じんましん・腹痛・嘔吐・めまい・呼吸困難・意識が遠のく…


一刻も早く病院に行きましょう!


最近のアメリカでの死亡事故

2021年7月29日、アリゾナ州の住宅街にて

ハチの群れに襲われて男性一人が死亡・5人が負傷。

死亡した男性は蜂の大群に数百回刺されたと

みられている3人のうちの一人であったそうです。

付近の木に蜂の巣があるのを発見したが、

約45キロの大きさがあり数千万匹のハチがいたそうです。

駆け付けた消防士3人もハチに刺されたが命に別状はないそうです。

その住宅街はハチによりしばらく封鎖されたそうです。

さすがはアメリカ、ハチの巣の大きさも桁違いです。

このニュースにはハチの種類が載ってなかったんですよね・・

スズメバチは間違いないと思うのですが…。

数百回刺されたほかの2人は大丈夫なんでしょうか。。

ハチの活動時期もピークを迎えています!!

お客様が刺される話もたくさん聞いています。

刺される前に早めの駆除をしましょう!