蜂の巣を放置するとどうなるの!?


駆除したいけど、業者を呼んでまで
駆除する必要があるのか・・・!?

費用が結構掛かるのではないか・・・!?

結論からいうと、
放置していたら巣の中のハチは自然にいなくなります。


ただ完全にいなくなるのは冬を迎えてから。
その頃にはかなり大きなサイズになっているでしょう。
人が誰も近づかないような山の中なら放置していても
刺される危険がないのでいいでしょう。

町の中や住宅街なら話は別です。
どんなトラブルが起こりえるかご紹介します。

蜂の巣は完全にハチがいなくなるまでの過程でトラブルが起こりやすいのです。




自宅の蜂が他人を刺すと責任は誰に?

夏を迎えるころには働きバチの数が増え、
とんでもない数の蜂が巣の周りを飛び回ります。
この頃が一番攻撃力が高く、近づくだけでも集団で威嚇してきます。
スズメバチに刺されるとアナフィラキシーショックを起こして最悪死に至ることも。
蜂の巣駆除のプロであるスタッフも刺されることがあります。

所有している土地や建物に蜂の巣ができた場合、責任は持ち主にあります。
他人や子供、ペットなどを刺した後の責任で訴訟問題になったケースもあります。
安全を守るためにも早めに駆除することをお勧めしております。

巣が小さいうちの駆除料金は、どの業者もお安く済むようです。

巣の形は変わっていく

始めは小さなトックリ型の形をしていて、だんだんボールのような形になっていきます。
それに伴い蜂の数もかなり早いペースで増えていきます。
どのような場所にどんな巣があるのか。

まずは無料見積で現場を見てもらうのもいいかもしれません。


⇓⇓福岡県内の蜂の巣駆除なら⇓⇓
https://www.kk-leap.co.jp/beelp