スズメバチ同士で巣を攻撃

キイロスズメバチの巣をオオスズメバチが襲撃


八女市で種類の違うスズメバが巣を襲っていました。

大きなキイロスズメバチの巣がある近くにオオスズメバチがたくさん止まっています。

これから集団で巣を襲うのでしょうか。

なぜこのようなことが見られるのかというと、エサになる幼虫を狙っているからです。


スズメバチは8~11月の時期は新しい女王蜂を育てるためにエサをたくさん備えなければいけませんが、

この時期はエサとなる昆虫などが減ってしまいます。

そこで幼虫やサナギを襲い、肉団子状にして巣に持ち帰ります。

働きバチ達は、新しい女王蜂を育てることに必死で命をかけています。


スズメバチの駆除は専門業者へ


スズメバチは人が刺されると最も危険なハチですが、

一番人間を刺すスズメバチはキイロスズメバチです。市街地などに巣を作るためよく見かけます。

オオスズメバチはハチの中で最も大きく、4センチ以上になるハチもいます。

性格も狂暴なので、オオスズメバチとキイロスズメバチが乱闘している現場に居合わせたらかなり危険です。

絶対に近づかず、駆除は専門業者にお任せください。

福岡県を拠点に地域密着している弊社なら、無料見積・すぐに駆け付け!

中間業者を使わず、すべて自社で行っているので他社より費用負担を抑えられます!!

ぜひ一度ご相談ください^^