廃盤の玄関カギを交換

新日軽とは

現在のリクシルです。
平成初期の戸建て物件には新日軽の「コンポーレ」という玄関ドアが多くついているようです。
そのドアについているのが「アルファ のCW3」です。
こちらはすでに廃盤になっており、同じものを付けることは出来なくなっています。
30年近く経っているので劣化により、レバーハンドルが垂れ下がるという話をよく聞きます。


代替品をドア加工することで付けられる

このアルファのカギは、当時コンポーレのドア専用に開発されたようで、かなり特殊な形状をしています。
そのまま代替できる商品が見つからないので、ドアごと交換しないといけないかも!と思う方がたくさんいらっしゃいます。
そうなると費用も何十万と掛かってきます。
そんな中、カギ業界で有力な情報が!!
MIWAのカギをドア加工することで付けられるとのこと!
防犯性能も比較的高いうえに、ドアを交換するよりもかなり安く済みます。


熊本市北区にて鍵交換

鍵が壊れているので交換したいとお客様から依頼がありました。
このMIWAの鍵は発注品となりますので後日改めて訪問させて頂きました。
カギを全て外し、専用の工具でドアを加工し取り付けていきます。
作業時間は1時間半~2時間です。







内側から見るとこんな感じです。





鍵屋さんに断られたカギもご相談くださいね!
⇓多様なカギに対応できるプロが在籍中⇓
https://www.kk-leap.co.jp/keylp