蜂に刺された時の対処法と予防法


蜂から近づいてきたり、服に蜂が止まった経験はありませんか。

蜂は、花の香りのするものや、甘いジュース、食べ物の香りに敏感で良い匂いがすれば匂いに誘われて人間の近くにやってきてしまうことがあります。

蜂から人間の方に近づいてきた時に怖いからといって激しく動いたり、大きな声を出したりして蜂に刺されてしまうケースは少なくありません。ここでは、蜂に刺された時の正しい対処法と刺されないための予防法について紹介していきます。

刺す蜂と刺さない蜂の違い

世界には20万種以上の蜂が生息し、日本には4000種以上の種類が生息しています。

しかし、全ての蜂が毒針を持ち、攻撃をしてくるというわけではありません。蜂の中でも、敵や人に攻撃をしてくるのは限られた種類のみです。では、刺す蜂と刺さない蜂の違いはどんなものがあるのでしょうか。

刺す蜂と刺さない蜂の違いを知り、自分の身を守りましょう。

 

 

細腰亜目(刺す蜂)

広腰亜目(刺さない蜂)

特徴

・腰が細くくびれている

・メスは毒針を持つ

・集団行動をするものがいる

・食性が多様

・寸胴でくびれていない

・毒針を持たない

・集団行動をしない

・決まったものした食べない

種類の例

・スズメバチ

・アシナガバチ

・ミツバチ     など

・クマバチ

・キバチ

・ハバチ      など

 

刺す蜂と刺さない蜂には見た目の特徴だけでなく、行動や食性にも違いがあります。中でも判断しやすいのが、身体にくびれの部分です。くびれがある蜂であれば、毒針を持っている可能性が高いので、絶対に近寄らないようにしましょう。

刺す蜂の種類と特徴

スズメバチの仲間

日本で最も危険性が高く、被害も多いのがスズメバチです。

スズメバチの仲間はオレンジ系の体色をしていて、大きさは2~5cmほど、他の蜂の仲間よりも一回り大きい傾向にあります。また、スズメバチは、毒針で刺すだけでなく、毒針から毒を噴射して攻撃してくることもあります。

スズメバチが出す毒には仲間を呼ぶ物質が含まれているため、一度攻撃されると仲間も集まり、集団で攻撃してくる非常に攻撃性の高い種類です。

危険性の高いスズメバチの仲間

・オオスズメバチ

・キイロスズメバチ

・ヒメスズメバチ

・コガタスズメバチ

・チャイロスズメバチ

・モンスズメバチ

 

アシナガバチの仲間

性格的には穏やかな傾向で、こちらから何かしなければ攻撃をしてくることはめったに無い種類の蜂です。

毒は弱いものの痛みは強く、スズメバチの毒に匹敵するほどと言われています。

アシナガバチは、細い胴体で足を垂らして飛ぶ姿が特徴的で、黄色系の体色、大きさは2cmほどしかありません。市街地に巣を作りやすい傾向にあるので、気づかずに巣に近づいて攻撃されてしまうケースが増えています。

危険性の高いアシナガバチの仲間

・キアシナガバチ

・セグロアシナガバチ

・フタモンアシナガバチ

ミツバチの仲間

植物の受粉やハチミツを作ってくれ、人間の生活面で大いに活躍してくれているのが、ミツバチです。

穏やかな性格で、こちらが何かしなければ攻撃してくることがありませんが、ミツバチ自身の身に危険が迫った時は容赦なく人を攻撃してきます。ミツバチの巣は大規模になると5万匹を超えるほど大所帯となり、巣に危険が迫れば一斉に大量のミツバチが攻撃してきます。

毒は弱くても一斉に刺されてしまえば、非常に危険です。

危険性の高いミツバチの仲間

・ニホンミツバチ

・セイヨウミツバチ

蜂に刺された時の対処法

蜂の巣が近ければすぐに逃げる

蜂に刺された時、蜂の巣が近くにある場合はすぐに巣から離れてください。

巣の近くにいると蜂が仲間を呼んで来る場合があるので、最低でも20mもしくは室内に入り、蜂から距離をおいてください。蜂の巣から逃げる場合は走ってOKです!蜂が追ってこない距離まで離れて、身の安全を確保しましょう。

傷口を絞りながら、流水で洗い流す

安全な場所を確保したら、毒を抜くために傷口を絞りながら流水で5〜10分、洗い流します。

また、蜂の針が残っている場合にはピンセットなどで針を取り除いてください。傷口の周りを爪や指などで圧迫しながら毒を絞り出しましょう。蜂の毒は水に溶けやすいので、流水で流しながら行うと毒が抜けやすいです。

この時、口で毒を抜かず、爪や指、できればポイズンリムーバーで毒抜きを行いましょう。

患部を冷やす

蜂の毒を抜いたら、患部を氷や保冷剤で冷やしてください。患部を冷やすことで、血管が収縮し、蜂の毒が血管に入りにくくなります。毒が体内に充満するのを抑えられるので、患部を冷やすことは大事なことです。

病院へ行って見てもらう

患部を流水で流しながら毒を抜き、患部を冷やしたら、すぐに皮膚科もしくは救急病院へ向かいましょう。

しっかりと毒を抜いたから大丈夫と安心せず、必ず病院で見てもらってください。また、過去に蜂に刺された経験のある人はアナフィラキシーショックになる場合があるのですぐに病院へ行くか、病院へ連絡して応急処置を教えてもらってください。

蜂に刺されないための予防法

 

黒い服を着ない

蜂は「黒」に反応し、攻撃をすると言われています。

一説によると、蜂の天敵であるクマの色と似ているから攻撃的になると言われていますが、黒だけでなく暗い色や濃い色にも反応します。蜂は白黒でしか色を判別できないので、赤や青でも濃い色の服は黒に見えてしまうので、要注意です。

また、蜂の巣が近くになければ、何色の服を着ていても特に問題ありません。

匂いに気をつける

蜂は「匂い」にも反応します。蜂はフェロモンを使って情報共有する生き物なので、匂いには非常に敏感です。

食料となる花の蜜を集めるために花の匂いに反応したり、樹液の甘い匂いにも反応します。そのため、柔軟剤の花の匂いや甘いジュース、制汗剤や香水などの強い匂いに反応して、蜂は近づいてきます。

また、蜂は人の汗にも反応します。汗をかいた時はタオルで汗を拭いたり、無香料の汗ふきシートなどで汗を拭き取っておくと安心です。

大きな音や激しい動きをしない

蜂は、大きな音や激しい動きをするものに反応し、攻撃的になります。

もし、蜂と遭遇してしまったら「いやっ」と大声を出したり、手で追い払ったりしないで、蜂がその場を離れるまで動かないようにしたり、姿勢を低くしてゆっくりとその場から離れるように行動してください。

大声や激しい動きは蜂を興奮状態にさせ、攻撃的にさせてしまうので、蜂に遭遇したら落ち着いて行動し、蜂を興奮させないようにしましょう。

蜂の威嚇行動を把握しておく

蜂が威嚇行動を始めたら、すぐにその場から避難してください。

蜂の威嚇行動にはアゴをカチカチと鳴らしたり、敵とみなしたものの周りを飛んだり、羽音をならす、空中でホバリングをするなどがあります。

蜂の威嚇行動が見られたら、速やかにその場から離れ、蜂が追ってこない安全なところまで避難し、身の安全を確保しましょう。

まとめ

日本には4000種以上の蜂が生息していますが、全ての蜂が攻撃する種ではなく、限られた1部の蜂が攻撃をしてきます。

基本的に蜂は天敵が多く、臆病な生き物なので、人間側から何か攻撃をしたり、蜂の巣に近づかなければ攻撃をしてくることはめったにありません。

そのため、蜂が人間を敵と認識する前に、蜂に攻撃されないための予防をしっかりと行い、蜂に攻撃されないように気をつけましょう。もし、民家の近くで蜂の巣を発見し、身の危険を感じたら、蜂駆除の業者に連絡して速やかに駆除してもらい、安全な生活を送りましょう。

また、弊社は福岡県全域で活動をしています。福岡県在住で蜂の巣の駆除を行いたいと考えている方はぜひ一度、弊社へご連絡ください!